Home > 過去の記事 > PostfixのメールをGmailから送る方法

PostfixのメールをGmailから送る方法

Postfixの設定とポートの開放をしていて、
設定は間違えていないはずなのにメールが送れない!(受信はできる)
って事がよくありますよね。(多分僕だけ)
それはもしかするとプロバイダがOP25Bをしているのかもしれません。
OP25Bについてはグーグル先生がお詳しいのでそちらでどうぞ。
OP25B対策として、今回は自宅のメールサーバーからGmailを経由して
メールを送信する方法を紹介します。
Gmailのアドレスは既に取得済みとして話を進めます。
もしお持ちでなければこちらで登録できます。
Postfixのmain.cfに追記する。

$vi /etc/postfix/main.cf
relayhost = [smtp.gmail.com]:587
smtp_sasl_auth_enable = yes
smtp_sasl_password_maps = hash:/etc/postfix/mail_data
smtp_sasl_security_options = noanonymous
smtp_sasl_mechanism_filter = plain, login,

/etc/postfix/この場所に「mail_data」というファイルを作成する。
内容はGmailのメールアドレス(ログイン用)とパスワードです。

$ vi /etc/postfix/mail_data
[smtp.gmail.com]:587 username@gmail.com:password

mail_dataをDB化します。

$ postmap mail_data

Submissionポートに対応させる。
submissionポート(587)のコメントを外し有効にする

$vi /etc/postfix/master.cf
# ==================================================
# service type private unpriv chroot wakeup maxproc command + args
# (yes) (yes) (yes) (never) (100)
# ==================================================
smtp inet n – n – – smtpd
# -o content_filter=filter:dummy
submission inet n – n – – smtpd
     -o smtpd_etrn_restrictions=reject
     -o smtpd_client_restrictions=permit_sasl_authenticated,reject

Postfixを再起動してメールの送信チェック!
sudo /etc/init.d/postfix restart
これでメールが送れるようになる。というか僕は出来た。
もし、表示されるメールアドレスがGmailでは都合が悪いときは、
設定>アカウントとインポート>名前:別のアドレスからメッセージを送信
ここでメールアドレスの設定をすると、自宅サーバーからGmailを経由して送信
されたメールのアドレスが変更できます。

人気ブログランキングへ

関連(するかもしれない)記事

コメント:0

コメントフォーム
Remember personal info

トラックバック:0

このエントリーのトラックバックURL
http://krarha.jp/kakolog/kiji2021.html/trackback
Listed below are links to weblogs that reference
PostfixのメールをGmailから送る方法 from 毎日フォト日和

Home > 過去の記事 > PostfixのメールをGmailから送る方法

カレンダー
« 2018 年 8月 »
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
言語
    Translate from:

    Translate to:

検索
おすすめ商品
アーカイブ
個人的リンク
gooあしあと
Feed
モバイル対応
携帯やiphoneからもどうぞ


Goodies
あわせて読みたいブログパーツ
バリブロ会 - 毎日フォト日和
美女Linux

Return to page top